革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

通報義務について

交通事故と通報義務について

交通事故にあった時は、被害者の場合でも、加害者の場合でも、すぐに警察や保険に知らせる必要があります。とくに、警察への連絡は、通報義務とされているので、注意が必要です。事故にあった時は、近くの警察署や交番などに知らせる通報義務があるのです。

また、これは、自動車保険の会社から保険金を支払ってもらうためにも、必要なことです。警察から交通事故証明書を出してもらい、それを自動車保険の会社に提出することで、保険金を支払ってもらうことが出来るためです。このため、もしも報告をしていない場合は、当然、交通事故証明書を出してもらうことは出来ませんし、保険金も支払ってもらうことが出来なくなります。

まずは交通事故にあった場合は、すぐに警察へ届け出ます。もちろん、被害者の場合は、事故によって負った怪我の治療をしてからでよいです。入院した場合などは、家族などから知らせてもらうようにしましょう。届け出をした後、病院で診断書をもらい、それを警察に提出します。すると、証明書が出されますので、自動車保険会社に提出するようにしましょう。

また、保険会社への連絡も、事故の通知義務として保険契約にあります。正当な理由がないまま連絡しないで放っておくと、保険金を受け取ることが出来なくなることがあるので、注意が必要です。保険会社への連絡は、書面での通知も必要となります。期限が決められていますので、注意するようにしましょう。

警察、保険会社に知らせる時は、様々な事柄について知らせる必要があります。事故が起きた日時、事故が起きた場所、死者、負傷者の数、負傷者の状態、破損した物の状態、事故を起こした車が積んでいた荷物、事故の後に行った措置、どのようにして事故にあったのか、などです。

通報自体は、当人でなければいけないという義務はありません。第三者であってもよいです。ただし、依頼された第三者がきちんと警察に報告しなかった場合は、通報義務を怠った責任は、当事者になるので注意するようにしましょう。本当に報告がされたのかどうか、確認することが大切になってきます。
このように、交通事故にあった場合は、通報義務というものが発生します。交通事故にあった時、冷静ではいられないので、何をすればよいのかわからず、混乱してしまうことが多いはずです。しかし、きちんと通報しておかなければ、トラブルになることが多いので、しっかりと行うようにしましょう。